<手術の内容>

まず眼の角膜を切開し、その部分をめくって「エキシマレーザー」というレーザー照射をし、角膜の屈折を変えて焦点を合わせます。 なぜ角膜をめくるかというと、角膜には上皮層というものがあって何度も再生するので、角膜に直接エキシマレーザーを照射しても効果がありません。 そこで、角膜の表面を削って「フラップ」と呼ばれる薄い膜を作ります。 フラップをめくってその下にエキシマレーザーを照射し、矯正したあとフラップを元の位置に戻します。 フラップが安定すると角膜はずっとその形状を保つことができ、網膜に焦点が結ぶようになって視力が回復するというしくみです。

なんだか難しそうですが、今後、治療を行うにあたって「エキシマレーザー」と「フラップ」という言葉に少し慣れておけば十分かと思います。

「角膜を削る」とか「眼にレーザー」とか痛そうに聞こえますが、実際には麻酔をしてごく弱いレーザーで治療を行うので、 手術中は勿論、麻酔が切れた後もほぼ痛みは感じなかった、という人が殆どです。 手術が終わってから30分程度は眼を閉じて安静にしますが、その後はすぐに眼が見えるのもLASIKの良いところです。

一言で「レーシック」と言ってもいくつか種類がありますが、
現在代表的なのが「レーシック」「イントラレーシック」です。
ものずごく簡単に二つの違いを説明すると
レーシック......マイクロケラトームという器具を用いてフラップを作る従来の方法
イントラレーシック..レーザーでフラップを作る最新の方法
ということです。
つまり違いはフラップを作る際に器具を用いるか、レーザーを使用するかという点です。
器具を用いる「レーシック」では、角膜表面を削りフラップ作成をするのは手術担当者の技量に左右されることになります。 一方イントラレーシックは高度で精密な機械が自動で計算してフラップ作成を行うので、より安全性が高く安心とされています。 最近では多くの専門クリニックでこのイントラレーシックでの治療を行っています。

レーシックを受ける眼科お決まりですか?
人気の眼科からお探しください。

品川近視クリニックのご紹介錦糸眼科のご紹介
神奈川クリニック眼科のご紹介

レーシックの手術について | レーシックの基礎知識 | 手術の内容を見てみよう。 | メリットとデメリット | コストについて調べよう | 受けられない場合も | 失敗ってあるの? | 副作用について | 合併症とは? | 視力の戻り | レーシック検査予約
おすすめサイト1 2 3 4
Copyright (C) 人気の眼科を掲載。 運営者情報 相互リンク