<レーシックが受けられない場合も>

残念ながら、受けられない場合もあります。
例えば17歳以下の人は眼球が成長過程にあるため、18歳以上になるまで受けられません。
他にも以下のような場合は、受けられないことがあります。
・妊娠中・授乳中の方
・糖尿病、膠原病などを持っていて、検査で不適応と診断された場合
・角膜が薄い、近視や乱視があまりに強い等、眼の状態が手術に適さない場合
・花粉症の人で症状がひどい時期の場合(術後は眼をこすれないため)
最終的には医師の判断によりますので、まずは、病院にて検査・診察を受け、医師と相談し確認してみることをおすすめします。

実際に手術をしてみて、「夢のよう」「こんなことならもっと早くすればよかった」という声が圧倒的に多いのです。 彼らは正しく情報を得て、メリットやリスクについてちゃんと理解したからこそやってみる価値がある、と判断しを受けることに踏み切ったのでしょう。
大切な自分の「眼」ですから、安全性・費用を確認し、
自分に合ったクリニックをしっかり検討することが何よりも大切です。

レーシックを受ける眼科お決まりですか?
人気の眼科からお探しください。

品川近視クリニックのご紹介錦糸眼科のご紹介
神奈川クリニック眼科のご紹介

レーシックの手術について | レーシックの基礎知識 | 手術の内容を見てみよう。 | メリットとデメリット | コストについて調べよう | 受けられない場合も | 失敗ってあるの? | 副作用について | 合併症とは? | 視力の戻り | レーシック検査予約
おすすめサイト1 2 3 4
Copyright (C) 人気の眼科を掲載。 運営者情報 相互リンク